オフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアルという言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、ご存知でしょうか。

簡単に一言で表現するなら、ビジネスシーンにふさわしい服装で、スーツより

やや軽めのカジュアルな雰囲気の服装のことを言います。

とはいっても、具体的に「これ!」といった服装のことを指しているわけではないので、

どんな服装を心がけていけばいいのか、わかりにくいですね。

ここでは、ビルのオフィスなど会社に勤務するOLのオフィスカジュアルについて、ご紹介したいと思いますが、

その前に「この服装はカジュアル過ぎてビジネスシーンには適していない」という例をあげたほうが

わかりやすいかもしれません。

赤や黄色、ピンクなどの原色の派手な色彩が使われた衣服、夏の暑い時期にノースリーブやチューブトップ、

キャミソール、襟なしのシャツなど、極度にお肌を露出するような服装はNGです。

短パン、ミニスカート、ジーンズ、Tシャツなどはビジネスの場としてはふわさわしくありません。

d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_s

 

オフィスの雰囲気に合う服装

オフィスカジュアルは、とくにスーツのように固めの服装でなくて良いので、カジュアルっぽさを

取り入れた服装という意味です。

しかしながら、男性用も女性用もさまざまなジャンルのウェアがありますので、どのようにして選んだら良いのか、

難しいかもしれませんね。

あまりにもラフな感じの服装は避けるのが基本であり、スーツとまではいかなくても、

かといってあまりにもカジュアルなタイプの衣服のコンビネーションは避けるべきでしょう。

 

オフィスシーンにおいて、会社の雰囲気に合わないと思われる服装、業種や年代に合わない服装などはNGです。

しかし、その企業や事業所のイメージカラーに合うものや、職種、業種に合う服装であれば、とくに問題はありません。